コンテンツへスキップ

【コミハの一滴】神無月

 神無月:旧暦の10月で「かんなづき」「かみなづき」「かむなづき」とも呼ばれます。八百万の神々が出雲大社に集合するため、各地では神様が不在の月と言われます。出雲大社では大国主の尊(大国主大神)が日本各地の神々を出雲大社に呼び寄せ、会議を開くといわれていますが、会議の内容は、翌年の天候や農作物の収穫について、そして「縁結び」についてだそうです。また、出雲大社には神様たちがゆっくり滞在できるように専用宿舎も備わっています。ですから、出雲では、神在月「かみありつき」と呼ばれているようです。では、他の地域は神様がいない?ちゃんと留守番の神様がいるそうですよ!ご安心を!疫病退散!

文字サイズ
背景色